コラム

ビリーファンの皆さん、事件です。 ついにビリーエリオットが日本で上演!!

更新日:

※本日のブログは、私が愛してやまないミュージカル
「ビリーエリオット」について
唾を飛ばしながら前のめりに語る会となっております。

暑苦しいのが苦手な皆さま、ぜひ上着を脱いで閲覧下さいませ。

日本全国のビリーエリオットファンの皆さま。

事件です!!

ついに。

ついに、ついに我が国、日本でも

ビリーエリオットが上演されます!!

しかも日本語で。

5年前に噂をされていた某劇団ではなく、ホリプロ主催で。

参照:http://www.oricon.co.jp/news/2062214/full/

なんと、主役ビリーを始めとした子役は一般オーディション。

合格した暁には、あの熊川哲也さんが率いるKバレエカンパニーの元で
最長1年間レッスンを受けるとか・・!

なんともまあ!

ニュースを見ただけで鼻血が出そうな(今まで出したことないけど)

涎が出そうな(ばっちい)

2015年を締めくくる、最高のプレゼントと言っても過言ではない!!(過言すぎる)

ここで、「いやビリーエリオットってそもそもなんだよ」

と思ってしまった9割以上の皆さん。

ご説明いたします。

ビリーエリオットとは

皆さん、映画「リトルダンサー」ならご存知の方も多いのではないでしょうか??

今からちょうど15年前に公開され、数々の賞をとり
日本でも大々的に宣伝されました。

主人公ビリーは、貧しい炭鉱の町に育つ11歳の男の子。

母親は亡くなり、父親、兄、おばあちゃんと4人で暮らしています。

ちょうど炭鉱の不況が続き、町ではストが頻繁に起き
お父さんとお兄さんはいつも出かけています。

炭鉱で働く父親は、
ビリーには自分のようになってほしくないと
自らの幼い頃の夢でもあったボクサーにさせるため、
なけなしのお金をはたいてレッスンに通わせる日々。

ある日、ひょんなことからビリーは
ボクシングレッスンの隣で行われるバレエレッスンに参加することに。

最初は良くわからずに動いていただけでしたが、
いつの間にか踊ることを楽しむようになり、
父親には内緒でボクシングではなくこっそりバレエレッスンに出席するようになります。

バレエスクールの先生も、ビリーの才能に気付き
彼をロイヤルバレエスクールに入れようと受験対策を始めます。

ところが、昔ながらの考えを持つ父親と
炭鉱ストに参加する血の気の荒い兄は、ビリーのバレエを受け入れることが出来ません。

ビリーはロイヤルバレエスクールに行くことが出来るのでしょうか?

お父さん、お兄さんと仲直りは出来るのでしょうか?

ビリーの運命やいかに!!

・・・ざっくりこんなお話です(ざっくりすぎる)。

ここで、皆さまに大声でお伝えしておきたいのが

「つまりよくあるバレエ映画でしょ?

俺っち、ダンスとか別に興味ないもんね」

と思わず画面を閉じそうになったそこのあなた!!

あなたにお伝えしたい。

「リトルダンサー」は、単なるバレエ映画ではありません!

「うわービリーのダンスかっこいー☆」

「子役の子たち演技うまーい☆」

「っていうかかわいー☆」

みたいな、
そんなキャピキャピした映画ではないのです。

この映画は
「バレエを通して、一人の少年が亡くなった母親の存在を受け止めるまでの成長物語」

・・・・長い。

そう、成長物語なんです。

ビリーは、まだ幼いこともあり、
父親&兄とうまくいっていないこともあり、

亡くなった母親のことをずっと忘れられず、引きずってしまっています。

でも、

バレエを通して、自分を表現することを覚え

母親のように慕うこととなるバレエの先生を通して、愛情を学び

そして

そんなビリーの姿を見て、

今まで古い世界に閉じこもりっきりだった父と兄は、
この子には新しい未来を見せてあげたいと
ビリーを応援するようになります。

母親の不在から、一時的に心がバラバラになってしまっていた
ビリー家族は、
再び家族の絆を取り戻し、1つになることが出来るのです。

そのきっかけとなるものが「バレエ」なだけであり
この映画は、バレエのダンスとしての素晴らしさだけに注目した映画ではないのです!

是非、ビリーが自分を表現、さらけ出すことで成長していく姿

それとともに変わっていく家族のかたち

この2つに注目していただきたいです。

さて、今まで熱く語ってきた映画「リトルダンサー」を、
エルトンジョンの音楽でミュージカル化したものが、

舞台「ビリーエリオット」です。

2005年、イギリスのウエストエンドから始まり、

トニー賞を10部門受賞した、世界的にも評価されたこのミュージカル。

昨年、日本でもロンドン公演が映画館で上演されました。

映画「リトルダンサー」は、全体的に灰色のイメージの映画です。

くすっと笑えるシーンもあるんだけれど、

ストで重く沈んだ街並みや
人々の苦しみや
母親を亡くした家族の悲しみ

こういった灰色の雰囲気が漂い、決してコメディ映画ではありません。

そ・れ・な・の・に!!

ミュージカル「ビリーエリオット」のすごいところは

すーっごいところは!!

この灰色の雰囲気や、感動シーンをそっくりそのまま残しつつも

超大爆笑のコメディミュージカルに仕立て上げてしまったところなんです!!

舞台を観てから映画を見る人は、あまりの違いに戸惑ってしまうかもしれません。

動画を見られる環境にいる方は、ぜひこちらをご覧ください。

Expressing yourself &nbs
p;
from BillyElliot」

ビリーの親友、マイケルが
実は女装趣味で

「自分の好きなことで表現しようぜ!!」
と熱く歌って踊る、ビリーエリオットの超目玉シーンでございます。

二人の子役の歌&タップダンスも素晴らしいですが、
それよりもマイケルのこの顔!コメディセンス抜群で、舌を巻きます。

でも、たんに超お笑いミュージカルにしてしまったかというと
そうではなくて

ビリーがお母さんの残像から卒業し、
自分の足でちゃんと歩いていけるようになるまでを
丁寧に描いてくれています。

もちろん、舞台ならではのバレエシーンや、タップ、
それから子役アンサンブルたちのすさまじい演技も堪能できます。

「アンサンブル」っていうと、
目立たない?とか
後ろでちょっと踊って歌ってるコーラス?みたいな

イメージがあるかもしれませんが、

ビリーエリオットの子役アンサンブルたちはすっごいです。

一人一人が色鮮やかな個性を持ち、笑わせてくれます。

かといって全体がバラバラな印象があるわけでもなく、

色とりどりの花が満開に咲き誇っている、大きな花束を見せられているような
そんな舞台です。

ここまで唾を飛ばしまくって語ったせいで、
いやキーボードをたたいたせいで

興奮してパソコンを壊しそうなわけですが

なんでこんなにパニック状態かというと!!

冒頭にも書いた通り、

そんな大好きな素晴らしいミュージカル「ビリーエリオット」が日本で上演されるからなんです!!

私が初めて観たのはニューヨーク。
1回観ただけでとりこになり、ニューヨーク滞在中はほぼビリーエリオットを観るためだけに費やし、
なんとビリー役を出待ちしたり、英語で手紙を書いて渡したり・・

と、大ファンに!

その後、イギリスも含めて計10回舞台を観て、

昨年日本で映像が上演した折には、映画館に・・

いったい何回足を運んだのでしょうか・・

ちょっと怖くて数えられません。

当初から、「日本でも上演する!」という噂はありました。

でも、そこでネックとなっていたのが

「子役」

でした。

歌って踊れてコメディが出来る子役がたくさん必要なミュージカルのため、
そんな子供どこにいるんじゃ?!という疑惑と

このミュージカルは長いので、ソワレ(夜の回)を行うと
日本の労働法では子役が出演できなくなってしまう!

というどうしようもない規制があり

ちょっと絶望的かもね、オーラがファンの間では漂っておりました。

しかしながら!!

それから約5年以上たち・・

日本で、日本人キャストで上演するというのだから
もう興奮しなくて何だというのでしょうか!

もともと大人気ミュージカルですし、有名作品なので
席は即埋まるかもしれませんが

私は勝手に「ビリーエリオット」の応援隊となり

ブログに愛情をまき散らしていきたいと思います・・!(迷惑?!)

こんなに暑苦しいのに、最後まで本日のブログを読んで頂いた皆さん

本当にありがとうございます!

・・冬だからちょうどいいですかね!

これからもよろしくお願いします☆笑

それでは。

まるこ☆興奮でパソコン壊しそう

--------------------------------------------------------
昨年日本で上演した、エリオットハンナくん主演の映像
(エリオットくんが、目に入れてもたぶん痛くないだろう可愛さです)

映画「リトルダンサー」

▼旅行ブログ・ランキングに参加しています▼
にほんブログ村 旅行ブログ シンガポール旅行へ
にほんブログ村

 

人気記事

1

ホテルのインスタ投稿を見ていると、 思わず旅に出かけたくなってしまうような素敵なアカウントが多いですよね。 今回は、その中でも特にフォロワーが多い14アカウントを分析してみました。 日本にあるホテルア ...

2

この記事を書いた理由 5月末〜6月にかけて、9泊10日イタリアひとり旅に 行ってきました。 旅行、特に海外に行くときは 色んな人のブログを読んで、行きたい場所の確認や 気をつけること、持って行った方が ...

3

遊びで行くのは初めてのハワイ。 オアフ島では、効率よく人気スポットをまわりたい!と思い タビナカの「オアフ島周遊ツアー」に参加してきました。 Q.タビナカとは? 日本語ガイドで安心、海外ツアーの予約サ ...

4

2018年、ベトナムダナンにオープンしたホテル 「シェラトングランド・ダナンリゾート」の宿泊記です。 今回のダナン旅行のテーマ 2018年5月末に母と2人旅 ベトナム(ダナン)は初めて 観光しつつも、 ...

5

☆シンガポールの旅行記ブログはこちら☆ ついに 妄想じゃなくて ほんとに 来ちゃった!!! 【1日目】 早朝、チャンギ空港に到着           ...

-コラム

Copyright© まるこの妄想Trip、たまに本当 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.