読書メモ

【キネマの神様】本の紹介 【原田マハ著】

更新日:

クアラルンプールからこんにちは。

雨上がりの午後、ホテルのロビーから小さな携帯の画面を通して、ブログを書いています。

 

プーケットからクアラルンプールに移り、二週間近くのアジアの旅も終わりを迎えつつあります。

 

日本で機内用に本を一冊買いましたがすぐ読みおわってしまったので、クアラルンプールの紀伊国屋で二冊購入しました。

 

つい先ほど、雨が上がるのを待つ間に読み切った本がとてもよくて、誰かに伝えたい!と思ったので、急ぎで記録に残している次第です。Wi-Fi万歳!

 

その本とは、原田マハさん著の『キネマの神様』

 

ギャンブル癖があり借金を繰り返す父親と、39歳で突然会社を辞めて無職になった娘。
2人の唯一の共通点は、映画がだいすきなこと。

 

ある日、父親が倒れたことをきっかけに多額の借金が発覚。娘は、父親の借金癖をなんとか辞めさせようと、年金をすべて借金返済にあてさせ、無害の趣味、映画を観るようしきりに勧めるが、ギャンブルをとりあげられた父親は元気がなく、ネットカフェでぼんやりしている。

 

娘がインターネットの使い方を教えてあげるとてあげると、なんと父親は、娘が書いた映画への思いをネット上にアップしてしまう。
それを読んだ、ある映画誌の編集長から娘宛に連絡がきて、、?!

 

父親と娘の人生は、映画を中心に大きく動き出していく。

 

『キネマの神様』というブログに、父親は映画の感想をつづった独特の文章を書くようになり、味があると人気を呼ぶ。
そこに海外からきりこんできた、ハンドルネーム『ローズバッド』なる人物。
彼は父親の書いた感想に、ことごとく反対し、独自の視点から主張してくる。
ネット上では、そんな2人のバトルが人気を博し、全ては上手くいくように思えたが、娘の以前の勤め先で手がけたシネコンプロジェクトが、父親の友人が経営する名画座のすぐ近くに出来ることになり、劇場の危機を迎える。

 

果たしてローズバッドの正体は?!
親子は名画座を救うことができるのか?!

 

というわくわくするストーリー展開に加え、父親の書く映画評論が心のツボを刺激して、いますぐに映画が観たくなります。dvdではなく、映画館で。
あぁ映画っていいものだよなあって、観てもいないのに思わされるんです。

 

早速日本に帰ったら、『ライフイズビューティフル』を観るつもり。

 

本に出てくる名画座は、館長が選んだ映画を一回二本ずつ上映する小さな映画館なんだけど、高田馬場の早稲田松竹にちょっと似てます。
あそこもファンが多くて、開演前には何人も映画好きが待っていたり。
私も行ったことがありますが、普通の映画館よりも小さくて、少し古くて。
集まってくる人も、いつもより映画通の人ばかりな気がして、ドキドキしたなぁ。
久しぶりに行こう。

 

自分にとって大切なもの、好きなものの存在を改めて心に描いてくれる、そんな本です。旅行中に読んでよかった。
映画好きの皆さん、是非読んでみてください。

 

まるこ

▼クアラルンプールの紀伊国屋で買うと1200円くらいでしたが、amazonだと半額くらいでびっくりでした・・

外国で日本の本を買うってことは輸入ですもんね!国内で買って持って行こう・・と思いますが、旅先で本を選ぶというのもまた醍醐味。

人気記事

1

この記事を書いた理由 5月末〜6月にかけて、9泊10日イタリアひとり旅に 行ってきました。 旅行、特に海外に行くときは 色んな人のブログを読んで、行きたい場所の確認や 気をつけること、持って行った方が ...

2

日本から気軽に行けて、 小籠包やマンゴーかき氷など、美味しいものが リーズナブルに食べられて。 短い日程でも満喫できる人気の旅行地、台湾。 初めての台湾では、台北観光中心に 有名スポットの九份や淡水に ...

3

遊びで行くのは初めてのハワイ。 オアフ島では、効率よく人気スポットをまわりたい!と思い タビナカの「オアフ島周遊ツアー」に参加してきました。 Q.タビナカとは? 日本語ガイドで安心、海外ツアーの予約サ ...

4

2018年、ベトナムダナンにオープンしたホテル 「シェラトングランド・ダナンリゾート」の宿泊記です。 今回のダナン旅行のテーマ 2018年5月末に母と2人旅 ベトナム(ダナン)は初めて 観光しつつも、 ...

5

☆シンガポールの旅行記ブログはこちら☆ ついに 妄想じゃなくて ほんとに 来ちゃった!!! 【1日目】 早朝、チャンギ空港に到着           ...

-読書メモ

Copyright© まるこの妄想Trip、たまに本当 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.