広島

広島一泊二日旅行④広島平和記念資料館で、想いをよせる半日

更新日:

前回の記事:広島一泊二日旅行③干潮の宮島はフォトジェニックの宝庫

〜前置き〜
image

宮島から帰ってきたらすっかり日が暮れていて、
お好み焼き村でビジュアル系バンドのサインが大量に貼ってある
美味しいお店に入り

お好み焼き(広島の方は広島焼=お好み焼き!という認識なので
広島では絶対に「広島焼」と言わず、「お好み焼き」と言わなくては
いけない、と住んでいた人に教わりました)

と、牡蠣のバター焼きという最強に美味しいごはんを食べ
image

風邪気味の同行者、デコちゃんにバラの匂いのパックを与え

ぐっすりと寝ました。

〜長い前置き終了〜

チュンチュン、チュンチュン🐤

今回宿泊したのは、三井ガーデンホテル広島。
泊まる前は快適な普通のビジネスホテル、というイメージでしたが
温かい接客と、ゆったりとしたロビー。
清潔なお部屋で、満足でした💓

楽しみにしていたのが、朝食。
「楽しみになる朝食」というタイトルで、地元広島の食材中心の
ビュッフェです。

二人とも楽しみにしすぎて、
食べる前の写真を撮り損ねました。

大好きな予約サイト「一休」に素晴らしい写真がありましたので、
気になる方はこちらのリンクからどうぞ・・!

一休:三井ガーデンホテル広島(写真をクリック)



掲載元:https://www.ikyu.com/biz/00080173/

小さくくりぬかれたお豆腐とか、和朝食に欠かせない焼き魚とか
和メインでちょっとずつ好きなものを食べられます。

海外のゲストも多いので、クロワッサンやトースト、スクランブルエッグ、
ソーセージ、フルーツなど洋食もちゃんとあります◎

さて、チェックアウト後は街をてくてく

3月初めなのでまだ肌寒かったですが、鮮やかな色のお花も。

今日の目的地は、原爆ドームと平和記念公園。
元安川を憂いのある目で見つめる、デコちゃん。

と思ったら、おいしそうなオープンカフェを見つけて
テンションが上がる、デコちゃん。

と、まるで彼氏の気持ちになったかのように
デコちゃんの写真を撮りまくりましたので
「妄想デート in 広島」を書いてみました。

note:妄想Trip 年下彼女と広島デート

女の子の後ろ姿(顔は見えない)って、
なんだかロマンですね。

デコちゃんに「まるこさん・・・何してるんですか・・」と呆れられながらも
掲載許可を頂きましたので、ぜひご覧ください。

この元安川は、原爆について調べると必ず出てくる川ですよね。

火だるまになり、熱さから水を求めた人たちが
この川に飛び込み、
たくさんの方がここで亡くなったと聞きます。

今はそんな面影はなく、静かで穏やかな川なのですが
この前でピースをして笑顔の写真を撮影する気持ちには
なれませんでした。

「原爆ドーム」と呼ばれるようになった、建物

映画「この世界の片隅に」を観るまでは、
私も普通に「原爆ドーム」という単語を
使っていて、そのことに違和感を持ちませんでした。

主人公が、原爆が落とされる前の
広島県産業奨励館の前を通るシーンがあるのですが
その場面を見たときに、

ああそうか、この建物はもともとは「原爆ドーム」じゃなくて
原爆が落とされたから、原爆ドームと呼ばれるようになったんだ

ということに今更ながら気づいてしまって
なんとなく、「原爆ドーム」と呼べなくなりました。

原爆ドームと名付けることに対しても
いろんな主張があるようで、
反対している人もいるみたいですね。

私も、原爆ドームと呼びたくないという気持ちもあるし
でも、そう呼び続けることで、
原爆を世間の人に忘れてほしくない、
また同じことを起こしてほしくないという思いが
あるんだろうなあと思うので

抵抗はあるけれど、原爆ドームという
名前には意味があるから、このままでいいのではないかと
思います。

原爆ドームの前では、
当時の写真や爆弾、アメリカの状況についてまとめた資料が
日本語以外の言語でもいくつも置いてあります。

希望があれば、近くでボランティアの方がお話をしてくれます。

私たちが資料を見ていると
近くで、ボンっと大きな音を立てて
資料を地面に投げつけるように置いた人がいました。

その資料は英語、おそらく置いた人はアメリカ人でした。

誰に対しての、何への、怒りだったのでしょう。

数年前に、野田秀樹さんの「オイル」という作品を上演しました。
アメリカに原爆を落とされて、あんなにたくさんの人が
亡くなって、苦しんだのに
終戦したらGHQの支配下で、みんな喜んでアメリカ人にチョコレートもらって
洋服を着て、フライドポテトを食べて、
それでいいの?
アメリカへの憎しみはどこへ行ったの?
そんな簡単に許せることなの?

という主人公の目線と
現代に起きたテロ、9.11(アメリカ同時テロ多発事件)
が交錯した演劇。

私はオイルに参加するまで、
「原爆を落としたアメリカを許せない」
という気持ちが存在するかもしれない、ということにさえ
気づけませんでした。

もちろん、アメリカが原爆を投下したのも知っているし
本当は必要なかったのに
戦争を終わらせるためという名目で正当化されたんだという主張も
そうではなくて、
日本の暴走を止めるためには絶対に必要だったんだという主張も
どちらも聞いたことがありました。

だけど、「原爆を落としたアメリカ」と
「今私が知っているアメリカ」は
イコールではなくて、全くの別物として捉えていました。

オイルを上演する時に
もう一度歴史を勉強して、みんなで意見を交わして
考えたけれど

今でもやっぱり、「アメリカが憎い」「許せない」という
気持ちは芽生えていません。

今回のように、平和記念館で
資料や写真を見ると、
月並みですが本当に辛いですし、悲しいです。

戦争の中でも、働きに行って
友達と会って
親子でご飯を食べて
そんな生活を営んでいた人たちの日常が
命が、
一瞬で奪い去られる。

さっきまであんなに可愛かった女学生たちの肌が
焼けただれ
服もボロボロで
顔にはケロイドが残って

生き残った人たちも、原爆症に苦しんで
たくさんの人が亡くなった。

だけれども、その原爆を落としたのは
今となりにいたアメリカ人じゃない。

平和記念館で日本人と同じように涙を流している
アメリカ人じゃない。

ニューヨークに行った時
道を教えてくれたアメリカ人じゃない。

仮に、友達のアメリカ人が
「広島に原爆を落としたのは悪いことじゃない。
戦争を終わらせるために仕方ないことだったんだ」
と信じていたとしても
でも、そのアメリカ人が私たち日本人に
何か酷いことをしたわけじゃない、するわけでもない。

だから、ボンっと音を立てて
乱暴に資料を地面に投げつけたアメリカ人が
何を考えていたのか
どう感じたのか
とても気になりました。


その資料は、私の目線から見ると
ちょっとアメリカ=悪というメッセージが
前面に出すぎているような気もして
私がアメリカ人だったら、
やっぱり耐えられなかったんじゃないかと思う。

反対に、戦争時に日本人がしてきたこと

例えば、南京大虐殺とか
実際に中国に行って、資料館で当時の様子や
いかに日本人がしたことが酷かったかということを
自分は直視することができるのかな。

歴史の授業や、資料、本で読むことはできても
その場所に足を運んで
そこの国の人が実際に生きているところへ行って
受けとめることができるのだろうか。

想像すると、
自分はとても耐えられないんじゃないかと思ってしまって
そう考えると、
たとえマイナスな気持ちで見ている人が
いたとしても、
アメリカの人たちが広島に訪れているのは
それだけですごいなあと思ってしまうのだけれど。

資料を投げるように置いた彼以外にも
平和記念公園で涙が止まらなくって、鼻を真っ赤にしている老夫婦とか
資料館で一つ一つ丁寧に資料を読み込んでいる若い男性とか

海外からの訪問者が
どういう反応をしているのか、とても気になった。

日本で起きたことを
日本に住む、日本人の私たちが
気にかけることは当たり前で

でもそれを、別の国の人が
真正面から受け止めて、自分なりに消化しようとしていることは
それだけで平和への一歩のように思えた。

これは日本に住む私の、平和ボケした感覚で
ニュースを見ていると、
今の世界が平和だとは思えないけれど

少なくとも
アメリカに気軽に遊びに行ったり
中国の人と友達になったり
今当たり前にできることが、できなかった時代があったわけで
それは個人の感情とは関係ないところで
操作されているものだったわけで

今、そうではないということは
ある意味当たり前なんだけれど
当時から見たらすごいことなんだ、ということを
忘れないようにしようと思いました。

平和記念館で見つけた、オバマ元大統領の折り鶴

世界各国の代表が、平和記念館を訪れた記憶に
写真とメッセージを残しています。

中でも、ウクライナ大統領のユーシェンコさんの
メッセージが印象に残りました。日本語で書いてくれています。

平和記念資料館、今は一部改修中で
見られないところも多いですが
原爆投下時の資料は見られるので、
広島に行った時はぜひ。

それでは

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました💓

▶︎広島平和記念資料館(Hiroshima Peace site)
http://www.pcf.city.hiroshima.jp/

▶︎映画「この世界の片隅に」
http://konosekai.jp/

☆つづく☆
次の記事:広島一泊二日旅行⑤宮島の隠れカフェから、茶の環本店まで♪食べた&買った!美味しいものたち

instagramでは国内外のお気に入りスポットを発信しています♪
Instagram:cacomir

follow me!!

PR♩ホテル単体で予約するときは、ほとんど一休です。
 
高級ホテル・旅館の予約なら【一休.com】 

視覚的にも好きなページだし、
検索から予約までの流れが一番便利なサイトだと思う♪
ユーザー目線で考えられていて、好きです。

 

人気記事

1

この記事を書いた理由 5月末〜6月にかけて、9泊10日イタリアひとり旅に 行ってきました。 旅行、特に海外に行くときは 色んな人のブログを読んで、行きたい場所の確認や 気をつけること、持って行った方が ...

2

日本から気軽に行けて、 小籠包やマンゴーかき氷など、美味しいものが リーズナブルに食べられて。 短い日程でも満喫できる人気の旅行地、台湾。 初めての台湾では、台北観光中心に 有名スポットの九份や淡水に ...

3

遊びで行くのは初めてのハワイ。 オアフ島では、効率よく人気スポットをまわりたい!と思い タビナカの「オアフ島周遊ツアー」に参加してきました。 Q.タビナカとは? 日本語ガイドで安心、海外ツアーの予約サ ...

4

2018年、ベトナムダナンにオープンしたホテル 「シェラトングランド・ダナンリゾート」の宿泊記です。 今回のダナン旅行のテーマ 2018年5月末に母と2人旅 ベトナム(ダナン)は初めて 観光しつつも、 ...

5

☆シンガポールの旅行記ブログはこちら☆ ついに 妄想じゃなくて ほんとに 来ちゃった!!! 【1日目】 早朝、チャンギ空港に到着           ...

-広島

Copyright© まるこの妄想Trip、たまに本当 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.