国内旅行 東京

糸からすべてmade in Japan!大阪発のTシャツブランド「eiji1926」

更新日:

まるこには、大学時代からの素敵な友人がいます。

仮にヤジロベエちゃんとします。

ヤジロベエちゃんとは、学生時代はともに舞台にたち、イタリア語の授業を受け

社会人になってからは夜な夜なビールやお肉を食べ歩き

恋話から演劇、人生、仕事まで何でも話せる仲です。

数年前、ファッションマーケティングの勉強をするために単身渡米。

現在はニューヨークでマーケター&起業家として活躍する素敵女性です。

ヤジロベエちゃんが案内してくれたブルックリン旅行記はこちら

近いうちに、ガイアの夜明けとか出てるかもしれません。

ヤジロベエちゃんのおうちは、日本有数の繊維会社。

いつも「メイドインジャパンはすごいねん!!」とアツく語ってくれていたのですが、

申し訳ないことにまるこはあまりファッションに詳しくなく、

「ふんふん、へー!すごいねー!(よくわかっていない)」という

相槌しか打てない日々でした。

そんなヤジロベエちゃんから、

「大阪発!メイドインジャパンの最高のティシャツをリリースしたーー!!」

というビッグなお知らせを頂きました💓

三恵メリヤスの「Eiji 1926」というティシャツブランド。

しばらくは関西での販売ということでしたが、

急遽!期間限定で渋谷の東急ハンズで販売すると聞き、行ってまいりました。

渋谷東急ハンズ・1Aへ

久しぶりの渋谷を闊歩し、鬼のような人混みをかき分け、東急ハンズへ。

1Aのフロア、エレベーター前に、それらしきブースを発見!

メイドインジャパンって聞いてたけど、英文字がいっぱいで

おしゃれな雰囲気。ちょっとドキドキしていたのですが

気さくな店員さん「この糸、触ってみてください〜すっごいふわふわなんですよ〜」

まるこ「・・・もしかして、ヤジロベエちゃんのお兄様ですか?」
ヤジ兄「・・・?!は、はい!!」

ヤジ兄さまのおかげで、すっかりリラックスモードです。



Eiji 1926の魅力①「糸の手触り、はんぱない」

先にも書きましたが、まるこは永遠のファッション初心者です。

1年に服を買う回数は多くて2、3回ですし

ブランド名もよくわかりません。

軽井沢の女子旅で大型ショッピングモールに行ったのですが

友達が服や鞄に目を輝かせているのを見ながら

なぜかワインをボトルで購入していたぐらい、服がよくわかりません。

そんなまるこです。生地の違いなんてわかるわけが・・

ヤジ兄様「いいからいいから、左と右でさわって見てくださいよ〜」

(どうしよう、違いがわからなかったらなんてコメントすればいいんだろうか・・・!)

もふっ

まるこ「何ですかこの柔らかさとなめらかさは!!」

ヤジ兄様「すごく触り心地良いですよね〜^^」

まるこ「パッと見、左も右も同じ感じなのに、右の糸の方が何倍もいい感じです・・!」

ヤジ兄様「そうなんです〜、右がEiji 1926で使っている糸です。」

まるこ「これ、触ってみないとわからないやつですね。」

正直なところ、まるこには野菜の「オーガニック」はなんとなくわかっても

糸の「オーガニック」の魅力って今までよくわかってませんでした。

「なんでもオーガニックがいいって言うけど、服の生地にまで

そんなにこだわる必要があるのかなー」

(すいませんファッション初心者の感想ですので・・)

と、思ってました。

でも、触らせてもらった糸がほんとにすべすべで、

柔らかくて、でもそれでいてコシがある・・

という理想的な糸で、

左に置いてある他の糸と全然違うのがすぐわかるんです。

しかも、パッと見は同じような見た目だと思ってたけど

よくよく見ると右の糸の方が光沢があって、美しい。


ヤジ兄様「糸から全部日本で作ってるのって、全体の3%くらいしかないですからね〜」

まるこ「え、3%?」

Eiji 1926の魅力②「糸からすべて、メイドインジャパン★」

皆さんは、「メイドインジャパン」と聞くと

どの程度のメイドインを想像しますか?

私は、

・すべて日本で作られた素材をつかっている

・すべて日本の工場&技術でつくられている

の2つを満たしたものが、メイドインジャパンだと思っていました。

ところがどっこい

糸をつむぐ・編む・染める・縫う

の4工程のうち、「縫う」を日本で行っていたら「Made in Japan」の

名札をつけられるそうです。

Eiji 1926は、糸から縫うまで、すべてが日本製。

本当に純粋なMade in Japanですよね・・!

こだわり抜いた素材をつかってTシャツをつくることは

やっぱりお金もかかるそうですが

他の会社を通さず、自社工場で行うことで経費を抑え

リーズナブルな料金で提供できているそうです。

Eiji 1926の魅力③「可愛いとクールを合わせもったデザイン」

Eiji 1926はユニセックスブランド、男女ともに着られるデザインなのですが

色味やデザイン的に、男性中心に売れていくと予想されていたそうです。

色味は白、ネイビー、ブラック、そしてカーキ。



ヤジ兄様「それが、ふたを開けてみたら以外にも!
女性の方に多く買っていただけてるんですよ。
しかも一番マイナー色だと思っていたカーキがすごく売れていて、
今は試着用しか在庫がない状況です」

写真だとカーキの色味が正しく表現できないのですが、

なかなかない深みのあるカーキで素敵です。

襟や袖は何種類かあるのですが、

↑で着た丸首のエリはとても可愛い!

これは確かに女性にうけると思います。

Eiji 1926の魅力④「肩も丈も、自分サイズにカスタマイズ!」

ヤジ兄様「ティシャツ、よかったらサイズ変えて試着してみませんか?」

まるこ「あ、まるこはだいたいSサイズなので、色だけ試せば・・」

ヤジ兄様「(きらり)Eiji 1926は、お客様の体に合わせてカスタマイズできるんですよ〜」

まるこ「?どういうことでしょう」

ヤジ兄様「じゃーん!!」

この注文表を見て、おわかりいただけますでしょうか。

普通はティシャツは「XS,S,M,L,XL」のようにサイズで分かれているだけですよね。

私は演劇をやっているのでよく自分の出る公演Tシャツを買うのですが

ぴったり着たいからSかな〜とか

ワンピっぽく着たいからXLにしちゃおうかな、とか

そんな感じでざっくり決めます。

でも、「背が高いからXLがいいんだけど、どうも肩幅が広いんだよな〜」とか

「幅広だから肩に合わせるとLだけど、サイズ的には本当はSなんだよね・・」とか

自分のベストサイズではないこともありませんか?

まるこは骨組み的にはSサイズなのですが、

身長が高いのでSだとなんだかツンツルテンになっちゃいます。

でもMにするとなんかダブダブしてかっこ悪いし・・という悩みを

ファッション初心者ですが、いっちょまえに持ってました。

それが、Eiji 1926ではなんと

肩幅・袖丈・着丈・胸囲・身幅の5パーツに分けて、

サイズを指定できるんです。

⭐️お店に置いてある既製品:Basic T-Shirtsを買う場合は

通常のサイズ(XXS~XXLまであります)になりますが、

カスタマイズでオーダーする:Pattern Orderにすると

既製品+2,000円で、自分好みにサイズを指定できちゃいます。

それはすごい!意気揚々と、何種類も試着させていただきました💓



スカートとも合うので、これからの季節にいっぱい着たい。

私は肩幅をXS、着丈をSで作っていただきます♪

お届けイメージ

ヤジ兄様「今からだと、6月中旬の発送になります^^
こんな感じで届きますよ〜」

箱もこれまたかっちょいい〜💓

しかも、この箱にも秘密がありました。

斜めにかかっているゴムは、スウェットの袖に入れるゴムの切れ端。

ティシャツの上にかぶせる布は、

工場で出た切れ端布。

どちらも本来なら処分するものですが、

こうやって活用するの、とてもいいですよね。

ティシャツの上には紙を載せることも多いそうですが、

布の方がダメージが少ないので

切れ端を活用しているそうです。

まるこの感想

まるこみたいに、ファッションに疎い人間でも

こんなに興奮してブログを書いちゃうくらいなので

お洋服好きの方だったら、もっともっと楽しめると思います!

そもそも今回ティシャツを買おうと思ったきっかけは、

ヤジロベエちゃんから紹介してもらったというのももちろんありますが

洋服に対する考えをちょっと変えたいなあと思っていたからなんです。

私はそこまで服に対してこだわりがないので、

着やすいものとか、可愛いと思う服をちょこちょこ買っているのですが

アトピーや金属アレルギーがあって、

お安めの服だとかゆくなったり、腫れてしまうことが多いんです。

しかも、最近目にする一部のファッションブランドによる

格安労働や動物実験なんかを見ていると、

洋服の外見だけじゃなくて、作った人の思いとか

素材への信頼度を大切にしたいな、と思うようになりました。

でも、もともとファッションに疎い&そこまでの興味がないから

どのブランドを選べばいいのか、素材は何がいいのか分からないし

オーガニックやメイドインジャパンだからといって、

ティシャツに3万円とか払ってまで書いたくはない・・という

ワガママな気持ちがありました。

だから、今回Eiji 1926でヤジ兄様のお話を聞かせていただいて

実際に素材を触ってみて、ティシャツを着て、

あ、これを着たいな。と思ったのはとてもいい経験でした。

このブログには書ききれなかったけれど、

作っている人たちのブランドへの思いとか、

技術者が少なくなってしまっている中でどうやっていいものを継続して作っていくかとか

短い時間の中で、たくさんお話を聞くことができました。

そういう、後ろにストーリーがあって

共感できるお洋服を買えるって、豊かな経験だと思うんです。

興味がある方はぜひ、店舗へ足を運んでみてくださいね💓

Eiji 1926を着てみるならココ♪

🎀東急ハンズ 渋谷店 1F

◎4/29(sat)~5/2(tue) 5/6(sat)~5/7(sun)

営業時間 / 10:00~21:00

外部リンク:東急ハンズのイベントページ🎀オンラインショップ

外部リンク:Eiji Japan 

今後も大阪・東京を中心に販売していくそうです♪

公式ホームページにてチェック💓

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

まるこ

-------------------

instagramでは国内外のお気に入りスポットを発信しています♪

Instagram:cacomir

follow me!!           

 

PR

最近、レストランは一休でお得に予約してます・ω・

春になるとなぜか行きたくなる、アフタヌーンティ🍓


 

人気記事

1

この記事を書いた理由 5月末〜6月にかけて、9泊10日イタリアひとり旅に 行ってきました。 旅行、特に海外に行くときは 色んな人のブログを読んで、行きたい場所の確認や 気をつけること、持って行った方が ...

2

日本から気軽に行けて、 小籠包やマンゴーかき氷など、美味しいものが リーズナブルに食べられて。 短い日程でも満喫できる人気の旅行地、台湾。 初めての台湾では、台北観光中心に 有名スポットの九份や淡水に ...

3

遊びで行くのは初めてのハワイ。 オアフ島では、効率よく人気スポットをまわりたい!と思い タビナカの「オアフ島周遊ツアー」に参加してきました。 Q.タビナカとは? 日本語ガイドで安心、海外ツアーの予約サ ...

4

2018年、ベトナムダナンにオープンしたホテル 「シェラトングランド・ダナンリゾート」の宿泊記です。 今回のダナン旅行のテーマ 2018年5月末に母と2人旅 ベトナム(ダナン)は初めて 観光しつつも、 ...

5

☆シンガポールの旅行記ブログはこちら☆ ついに 妄想じゃなくて ほんとに 来ちゃった!!! 【1日目】 早朝、チャンギ空港に到着           ...

-国内旅行, 東京

Copyright© まるこの妄想Trip、たまに本当 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.