イタリア ヨーロッパ旅行

イタリアひとり旅② ローマ2日目 血なまぐさいコロッセオ、憧れのフォロ・ロマーノ。まさかの交通機関ストップ?!

更新日:

イタリア旅行2日目です。

 

今回のブログは旅先でスマホから書いてます。見づらい、簡単すぎるなどあると思いますが、帰国後に随時編集しますのでご容赦いただけたら幸いです!

 ⭐️朝ごはんは簡単に

昨日スーパーで買ったのと、機内食で食べきれなかったクラッカーやパン。
FullSizeRender
5時に目覚めて、7時まで二度寝。
ネットサーフィンして7時半。シャワー浴びて軽く洗濯して8時。

 

そこからブログ書きつつゆったり朝食という、しあわせな生活です(*´꒳`*)

 

真ん中のいちごヨーグルトが、かなり美味しかった!日本で見たことないですよねー?イタリアいる間にたんまり食べよう💗

 

ぶどうこんなにあるのに、ぱくぱくしてたらもうちょっとしかない😂

今日は、ローマで一番のお目当てであるコロッセオへ。

⭐️駅までとことこ

 

日差しがまぶしいので、サングラス必須🕶
街中に急にかっこいい建築があらわれるの、ずるい

 

IMG_8518

 

そして駅もすばらしくかわいいの、ずるい。
IMG_8519
吸い寄せられるように↑の駅に入ったけど、地下鉄の入り口は右側でした。おっとっと

 

そういえば、日本から「はやくコロッセオの写真を!」と催促されたので

 

IMG_8602
ホテルの部屋にかざってあったコロッセオの写真を送ったら、おこられました😂

 

さてさて、地下鉄でテルミニ駅で乗り継ぎ、コロッセオ駅へ。

 

いや、コロッセオってね
IMG_8583

 

こんなふうに駅をでたらまっ正面にあるんですよ。

 

コロッセオへの行き方を書いてるブログはたくさんあっても、駅からの行き方を書いたのはないんです。

 

だからすっかり安心してましたよね。。

まさかこの出口が閉まってるとは!!

なぜだかわからないけど、長い銃を持った警察官がたくさんいて、今日はここからでれないって。。

 

困惑する観光客にまぎれ、迂回して外へ。
と、そこには

 

どーん!

 

IMG_8523
憧れのコロッセオがぁ(*´꒳`*)
テンションあがっております。

 

でもさでもさ、これ

 

どうやってはいるの、、?

 

上から見た図。なんかディズニーランドの比じゃないぐらい並んでるんですが。
IMG_8522

 

ようやく日本に本物のコロッセオ写真を送ったわけですが
「あの、、」

 

まるこ「ん?」

 

「もしかしてコロッセオって、中には入れないの?」

う、うるさぃい!いま入り口をさがしとるのじゃー(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

しかしおかしい。いくら迂回したからとはいえ、グーグル先生によるとこの辺から入れるはず、、

 

はっ

 

また封鎖されてる

 

しかもまた長い銃もった人が、、およよ

 

まるこ「あの、どうやったらはいれます?」

 

銃を持った人「あー、左からぐるーっとまわってみな」

 

えええ、、
ここまでも結構あるいたのに!

 

結局、この凱旋門の右側に臨時の入り口がありました!
IMG_8525
わかりづらかった😅

 

荷物検査されて、はじめてコロッセオの列に並ぶことができます。長い銃をもった人にされる荷物検査、、エジプトのミイラみたとき以来な気がする🤔ひやひや。

 

さて、コロッセオに近づいたはよいものの。
気になるのはやはり待ち時間!ものすごぉい列だ。

 

ネットで調べたところ、ローマパスの効力はコロッセオに入ってから。入るまではみんなと一緒に並ばなくてはいけない。

 

ってかいてあるけど、、

 

むり

 

こんな長蛇の列、ならんだことない。

 

だめもとでスタッフぽい黒パーカのおじちゃまに聞いてみたところ

 

「あー!いつもはこっちの左の列だ!(割とならんでる」

 

まるこ「そぉですか、、(まあ右側よりは少ないからいいか」

 

「いやちょっとまて、いつもはこっちだけど、今日はあっちだ!!」

 

まるこ「いやそれ先いって?!」

 

案内されたのは、団体用入り口。
え、全然ひといない。しかもサクサクすすむよ?!

 

IMG_8526

 

5分も待たずにはいれちゃった、、(*´꒳`*)
ローマパス、だいすきぃ!、

 

FullSizeRender

 

私はローマパスで最初につかう場所がコロッセオなので、優先入場がきき
ます●

 

72時間パスは2つ、48時間は1つしか無料ではいれない→優先入場がある場合もその分しかつかえない

 

ので、行く順番には気をつけましょ!

 

はいってから、荷物検査までちょっと並ぶけど、すぐすぐ。
IMG_8528
オーディオガイドは、はいってすぐのチケットオフィスは混むと口コミを見たので

 

もうちょい先のオーディオガイドセンター?で。
無事日本語を借りれました(*´꒳`*)
IMG_8529

 

イヤホンはなく、耳にあてて聞くタイプ。

 

まずは二階にいきます。

 

わくわくわく
IMG_8531

 

って、階段急すぎわらた、、

 

わらえない、、😂

IMG_8532

 

エレベーターもあるんだけど、今日は動いてないみたい。老若男女、がんばってのぼってました!

 

あとでオーディオで知ったけど、パンピー用の階段は急だけど、地位が高い人たちのは登りやすく設計してたみたい。

 

そんなところでも地位をあらわさなきゃいけなかったのか、、みんな一緒に登りやすく、じゃだめなのね🤔

 

上からコロッセオを一望します!ひゃほー。
IMG_8534

 

コロッセオはずっと来たかった場所なんですが
IMG_8538
調べればしらべるほど、血なまぐさい歴史がつもった場所ですよね。

 

当時はここで囚人同士の殺し合いや、猛獣とのたたかい。さらには水をはって海戦ごっこまでやってたとか。

 

恐ろしいことに、やる側にとっての命をかけた戦いは、群衆にとってはエンターテイメントだったのです。

 

でもね、あらゆる実験や、今までに起きた戦争をみていると、人間には殺戮や人を傷つけることを楽しむ本能がねむってるんじゃないかな?とおもう。

 

ルワンダの紛争で、頭蓋骨がみえるまでたたいたり、身体を切り刻んだのは、冷酷な訓練された兵士じゃない。昨日までお隣さんだった、普通のひとだった。

 

あるアーティストが、自分の身体をさしだし、殺す以外の何をしてもいいというイベントを行ったところ、最初は控えめだった観衆たちはどんどんエスカレートし、誰かが止めに入らなければアーティストは死んでいたかもしれなかった。

 

だからこそ、法律でまもらなきゃいけない。人の本能をおさえるために。

 

なんかそんなことを思ったよ(*´꒳`*)、、

 

見ろ、人がゴミのようだ🐱(これなんのセリフだっけ)
IMG_8539

 

まだすごいならんでる。。
IMG_8542
もうね、コロッセオいくなら絶対ローマパスですよ!
元とれるかなー?なんて計算しなくてよし!こんだけならんだら時間も体力も奪われちゃうよ。

 

私がいったのが繁忙期で日曜ってのもあると思いますが、ぜひローマパスおすすめです🙆‍♀️

 

そいえば、ローマでちょいちょい見かける水汲み場。コロッセオにもありました。

 

IMG_8603
かなり暑くなるので、ありがたいです✨
ちなみにお手洗いも一階にありますよ!

 

さて、お腹が空いたので
コロッセオ近くで口コミがよかったCafe Cafeへ☕️

 

IMG_8550

ここ、かなりよかった!

若いスタッフさんばかりだったんだけど、優しくて英語つうじて、てきぱきしてました。

 

まずはカプチーノをデカフェで。
IMG_8551
ふつうにデカフェたのめるの、いいなあ。
日本でも最近ふえてきたけど、ちょっとたかくなっちゃうから😥

 

はい、マルゲリータどーん!!ひょおお

 

【使用前】わぁ、こんなに食べられない!
IMG_8552

 

【使用後】あれ、、ピザはどこへ
IMG_8553

 

耳は全部食べられなかったけど、ぺろっと一枚いってしまったー!!おいしすぎやろー。゚(゚´ω`゚)゚。

 

ここは無料wifiもあって、いい感じ。まったりしました。

 

ピザとカプチーノで11ユーロ💶

 

さてさて、次の目的地 フォロ・ロマーノへ!
コロッセオからてくてく徒歩でいけます。

 

ローマパスが使えます
が、とくに優先入場な感じはないです。でも5分くらいで入れます。

 

コロッセオ、フォロ・ロマーノ、パラティーノの丘が1セットなので、引き続き無料です🔴

 

日本語オーディオガイドは5.5ユーロだったかな?
身分証明書と引き換えでかります。パスポート以外ということで、クレジットカード預けました。ドキドキ

 

フォロ・ロマーノがどんな場所かというと
IMG_8554

 

ずばり
IMG_8561

 

ゲームがしたくなる場所です!(ぇ
IMG_8573

 

いやほんと、遺跡好きにはたまらない場所ですね。

かなり壊れてるとはいえ、こんなにまだ形をとどめてくれてるのかー!と感謝の気持ちがわいてきます。

IMG_8557

 

お花の彫刻、気に入りました。
IMG_8560

立体的に花開いた感じを表現してます。なんか昔も今もお花のモチーフってかわらないんですね。

この門の彫刻はすごく細かい!
IMG_8563

それぞれに意味があって、オーディオガイドが説明してくれます。

上からの眺めもとても素晴らしく。
IMG_8580

 

フォロ・ロマーノを一望できる、気持ちのよい場所です。
IMG_8581

 

フォロ・ロマーノも、エレベーターがつかえなくなってたり、博物館にはいれなかったりと、いつもと違う営業のようでした。

 

楽しすぎて、はしゃぎすぎて

 

気がついたら二時間、、足が棒みたくなってきました🐱そろそろこの辺を離れ、スペイン広場の方に向かおう!
と、したのですが
あれ、、今朝でてきたコロッセオ駅の入り口がしまってるぞ、、
グーグルマップで調べたらバスしかでてこないけど、なんか歩行者天国みたいになってて来る気配ないぞ、、

 

ていうか

 

IMG_8586

なんかレースやってるけど!ww

 

なるほど、、だから今朝からあらゆる場所が封鎖されて、道も通れないのか😇

 

しばらく地元のひとにまざって、バイクレースを見物!びゅんびゅんびゅーん!ふぉー!

 

、、、だめだ、足がとんでもなくつかれてる😂

 

公共交通機関はつかえないので

 

あるきました
めちゃめちゃ迂廻して😭

 

ローマ中を走るレースなのかな?どこいっても盛り上がってる!
IMG_8604

 

途中にみつけた緑にいやされ
IMG_8587
身体はちょっとぐろっきぃ!
IMG_8588

 

でも街歩きはとても楽しく(*´꒳`*)

 

とはいえそろそろ限界だぁあ!
となったので、適当にみつけたバールにはいりました。

 

び、び、びーるううう
IMG_8589
からっからの身体にしみこむビール様、、
ビールはいつも最高においしいけど、こんなに美味しく感じたのははじめてかもしれない!つかれすぎてる!

 

トレヴィの泉でまったりして

 

IMG_8591
大好きな映画、ローマの休日がまたみたくなりました。
おとなになってからみると、より泣けるんですよね。゚(゚´ω`゚)゚。

 

アン王女気分とまではいかないけど、ジェラートを食べっ

IMG_8592

 

なにやら素敵なショッピングモールを発見し
IMG_8596

 

ホテルの屋上で、ワインでしめくくりました🍾
IMG_8600

 

今日おもったこと

 

イタリア人のナンパは上手だなあー。
人の心をひらくのがうまいとおもいます。

 

ナンパ勉強したい人は、イタリア人にきくのがいいとおもう、、けど、あの生まれながらにイタリアンって感じのさりげなさがあるからいいのかなあ。

 

日本語も話せる人が多いけど、ナンパしてくるひとはめちゃかたよった日本語しかしりません笑「あなたは、わたしのともだち」「あなたほどのきれいなひとは、だれですか。じょゆうですか」

 

ほかの国だと、客引きのために「かわいー?にほんじんー?おいしよー」みたいに覚えてる人が多いけど🐱

 

面白い(*´꒳`*)
それでは、3日目につづく⭐️

旅の準備は万全ですか♪?


instagramでも、イタリアをはじめとした旅先の写真をあげています📹
良かったらフォローしてください(●´ω`●)

@mousou_trip_jp

まるこ@30歳からチェロ始めました

 

noteで演劇・チェロのエッセイ書いてます
https://note.mu/mousoutrip

 

人気記事

1

この記事を書いた理由 5月末〜6月にかけて、9泊10日イタリアひとり旅に 行ってきました。 旅行、特に海外に行くときは 色んな人のブログを読んで、行きたい場所の確認や 気をつけること、持って行った方が ...

2

日本から気軽に行けて、 小籠包やマンゴーかき氷など、美味しいものが リーズナブルに食べられて。 短い日程でも満喫できる人気の旅行地、台湾。 初めての台湾では、台北観光中心に 有名スポットの九份や淡水に ...

3

遊びで行くのは初めてのハワイ。 オアフ島では、効率よく人気スポットをまわりたい!と思い タビナカの「オアフ島周遊ツアー」に参加してきました。 Q.タビナカとは? 日本語ガイドで安心、海外ツアーの予約サ ...

4

2018年、ベトナムダナンにオープンしたホテル 「シェラトングランド・ダナンリゾート」の宿泊記です。 今回のダナン旅行のテーマ 2018年5月末に母と2人旅 ベトナム(ダナン)は初めて 観光しつつも、 ...

5

☆シンガポールの旅行記ブログはこちら☆ ついに 妄想じゃなくて ほんとに 来ちゃった!!! 【1日目】 早朝、チャンギ空港に到着           ...

-イタリア, ヨーロッパ旅行

Copyright© まるこの妄想Trip、たまに本当 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.