シンガポール

【妄想Trip】シンガポール3日目① 脱線、富山のかまぼこ話

更新日:

前回までの妄想Trip シンガポール編⇒



【妄想Trip】旅の準備編~Sky Scannerを使いこなす~【シンガポール】



【妄想Trip】シンガポール1日目~ウビン島でサイクリング~

【妄想Trip】シンガポール1日目②~セントーサ島到着からメガジップアドベンチャーまで~


【妄想Trip】シンガポール1日目③~チリクラブとレディースナイト~

【妄想Trip】シンガポール2日目①ユニバーサルスタジオシンガポール


【妄想Trip】シンガポール2日目②ユニバーサルスタジオシンガポールと鼎泰豊

【妄想Trip】シンガポール2日目③ESPAでハマム体験

※この記事は妄想Tripです。実際の旅行ではありません☆

※いくつかの写真はフリー素材か公式サイトからお借りしたイメージ画像です。実際とは異なる場合があります☆

~3日目の朝~

ちゅんちゅん・・ちゅんちゅん・・・

友達&まるこ「はっ!!!」

右手に瓶ビール、左手にアイスクリームのスプーンを持ち

友達とまるこは爽やかな朝を迎えた・・

友達「ハマム以降の記憶がない!!!」

心身ともにリラックスしすぎて、お酒がいつもよりまわり、いつの間にか寝てしまったようです☆

でも、予期せぬ寝坊も楽しめちゃうのが旅行の楽しさ。

普段なら「仕事に遅刻するー!!」とすっかりパニックですが、

友達「『遅く起きた朝は』ごっこしようよ!!私、森尾由美役!!」

まるこ「じゃ、じゃあ磯野貴理子!!」

友達「ダメだよ、松居さんが足りないじゃん!!まるこは2役!!」

まるこ「なんでやっ」

なんていうわけが分からない遊びに興じるのも、旅行ならではの自由です。

※『遅く起きた朝は』

森尾由美さん&磯野貴理子さん&松居直美さんの3人による、日曜朝のトーク番組。

視聴者からのお葉書をもとに繰り広げられる、大人の女性のお話は

当時子どもだったまるこにとって新鮮で(割と下ネタっぽいことも普通に話してた)、

なんとなーく憧れの世界だった・・☆

現在は『はやく起きた朝は』と改名して、続いてるみたいです。

今日も、前のめりでホテルのビュッフェを食べに行きます

友達「いつもビュッフェに来ると、全部制覇してやろうって思って生きてきたんだけどね」

まるこ「うんうん(過去形・・?)」

友達「最近、そんなの無理って気づいた!!だって毎日ちょっとずつメニュー変わるもん」

まるこ「(無理な理由そこ?!)」

まるこ「この後たくさん食べるから、朝食は控えめにね☆」

友達「・・・はーい☆(既に3皿目)」

わくわく盛りだくさんだったセントーサ島を出て、今日から本島に行くので

ホテルもチェックアウトします。

2泊ってあっという間だなぁ。

まるこはずっと、高級なホテル、ラグジュアリーなお部屋に泊まる人たちの気持ちが分かりませんでした。

yun_8499

photo by yunphoto.net

旅行に行くと朝から晩まで外をうろうろしてるし、寝る時ぐらいしかホテルにいないのに、

そこにお金かける意味がわからない!!

虫が出るとか治安が悪すぎるのはイヤだけど、

ある程度清潔で中心地に近ければ

どこでもいいや。

なんて思ってました。

でも今回、ちょっと高級なホテルに宿泊し、お金を使う人の気持ちを理解する!!というミッションを抱え

予約サイトで指を震わせながら、普段の3倍くらいのお金を投資して予約したわけですが

分かった!!

・・・気がする。

まず、到着時のテンションが違う。

高級ホテルは大体街の中心地だからアクセスがよくて、向かう途中も安心だし

ホテルの外観を見て「おおぉこんな立派なところに泊まれるのかー!!」って興奮するし

チェックインカウンターで「マダーム?」なんて呼びなれない呼称で呼ばれてドキドキしながら

鍵を受け取るのも楽しいし

お部屋に入った瞬間の、

「広い!!」「ベッドがふかふか・・」「アメニティのシャンプーがオーガニックだ!!」とか

「窓から広がる景色に興奮してこれからの旅の期待が深まる・・!」

とか

もうとにかく、テンションが違う。

次に、観光から帰ってきた時のテンションが違う。

いつもなら「はぁー疲れた 寝るかー!ばたんきゅー」

がデフォルトで、これはもうホテルのお部屋としたら悲しいに違いない。

ホテルさん(わー!もう寝ちゃうのー??もっとお風呂とか、夜景とか楽しんでよー!!
枕のなげっことかしないの??ねーねー!!)

・・・と、思っているかは分かりませんが、とにかくホテルというものを一切堪能していない。

それが、今回のように高級ホテルだと

「た・だ・い・まー!!キャー!ターンダウンサービスでチョコレート発見☆」

とか

「やっぱり大きい窓から見る夜景は違う・・・!」

とか

「せっかくだから、お風呂入ってパックとかしちゃう?普段しないけど!!」

とか

まぁとにかくテンションが違う!!

ホテルさん(ふっふん・・・ここの窓は他の部屋よりもちょっと大きいのさ!
君たちこれぐらいで驚いていて大丈夫かい?僕のバスタブにつかったらリラックスしすぎて何も言えなくなるぜ・・☆)

・・・・と、思っているかは分かりませんが、ホテルを満喫している!!

最低限の女子力しか持たないまるこがこうなるのだから、

世の女性のテンションは、メーター振りきれんばかりの上がりっぷりだと思う。

・・・今まで「ラグジュアリーホテルで女子会☆お仕事を忘れてシャンパンに舌鼓♪」

とかいう広告にドン引きしていてごめんなさい。

~懺悔終了~

というわけで、セントーサ島の高級ホテルを堪能したまること友人は

荷物をまとめてチェックア・・

友達「ねえ、トランクが閉まらない」

まるこ「?!」

まるこ「・・・・シンガポールに来てから特に何も買ってないよね???」

友達「買ってないけど。ほら(トランクを開ける)」

・・・・!!!


36ee73ebc5ad0184ac6b22e361417e3a_s

photo by 
AC

まるこ「アメニティ全部持ち帰りすぎ・・・・!!!」

~そこには、2人分&2日分のアメニティ
(シャンプー&コンディショナー&ボディローション&石鹸&歯ブラシ&紅茶、コーヒー、ソーイングセットetc etc..)
が入っていた~

1日でシャンプーもコンディショナーも全部なくなってたからおかしいと思ったよ・・

アメニティを置いていくよう説得するのに20分かけ、やっとの思いでチェックアウト。

友達「まるこのせいで、あのシャンプーは捨てられる・・まるこのせいで、流されたシャンプーが水を汚染する・・

まるこのせいで、海が汚れる・・まるこのせいで、、、うなぎが食べられなくなる・・・・!!!!」

友達が横でわけのわからないことをブツブツ言っていますが、この際無視しましょう。

※この旅行で、友達スルースキルを身に着けたまるこでした☆

さて、いくらシンガポールは日本よりタクシーが安いといっても

頻繁に使っていてはもったいないので

シンガポール本島とセントーサ島をつなぐ駅、ウォーターフロントステーションまでは

ホテルシャトルで向かいます。

※ホテルによっては、観光地に向かって無料シャトルが出ています!

行きのみ運行で帰りがなかったり、1日に1本というところもあるので

チェックイン時に確認するのがベター☆

ホテルシャトルを降りて、これでこのホテルとは本当にさよなら!!


友達「本島に行くだけにね・・・ホントウ

・・・・・・スルースキル、スルースキル。

ウォーターフロントステーションから、本島の
ハーバーフロントステーションまでは

モノレールも出ているし、ちょっと時間はかかりますがセントーサ・ゲートウェイという道を

歩いていくことも出来ます。

海沿いを歩くので気持ちがよさそう。晴れた日は歩いてもいいですね。

今回はスーツケースを持っていたので、モノレールに乗ります!

ハーバーフロントステーションに降りると、ヴィヴォシティという商業施設があって

朝から美味しそうな料理の匂いであふれかえっている・・


友達「・・・・おなかすかない?」

なぜ、朝ごはんを食べたばかりでも人はお腹がすくのか。

この謎は未だに解き明かされていない。

ここは、朝から朝食を楽しむ人でにぎわっています!

チキンライスやラクサ(ココナッツ風味の麺)を朝食にする人や、

アジアらしい揚げバナナや、全くアジアとは関係なさそうなベルギーワッフルやアップルパイを頬張る人々・・

yun_12093

揚げバナナ

photo by yunphoto.net

日本だと普通にスルーできる景色なのに、

なぜ旅行中だとその1つ1つがとてつもなく美味しそうに見えてしまうのか!!

・・・この謎は未だに解き明かされていない。


友達「まるこの分も買ってきたー!!!」

スルースキ・・・

・・これはスルーできない!!

友達がいつの間にかクエを買ってきてくれました。

250px-Epinephelus_bruneus_at_NPA

photo by wikipedia

おっと間違えた


Nyonya_Kuih_in_Different_Colour

photo by wikipedia

クエとは、日本のういろうみたいな、ココナッツ風味のもっちりした生菓子。

カラフルな色合いが特徴です☆

魚のクエじゃないよ

カラフルといえば・・

私のおばあちゃんは富山に住んでいて、よく名物のかまぼこを送ってくれるんですが

富山のかまぼこって、すっごいカラフルなんですよ!!

赤や緑、黄色は当たり前。

真っ青なかまぼこもあります。

1244812_detailImage1

富山のかまぼこ通販サイト 梅かまさん よりお写真拝借しました

美しい!!富士山。

富山のかまぼこ、美味しくて大好きで、カラフルなのも見ててすっごく楽しいんだけど

真っ青とか緑のかまぼこを食べるのだけが苦手でして。

かまぼこ単体なら食べれるんだけど、ご飯と一緒には食べられないとか

色々自分の中で制約があるんですが

外国のカラフルお菓子は、なぜか好き!!

「カラフルな食べ物」といえば、よくアメリカのカップケーキが話題になりますね。


a06a23156553b59c0084c8f362f3d573_s

photo by AC

まるこはこのカップケーキが大好きです。

見た目も可愛いし、日本じゃ味わえない甘ったるさが何とも言えず、癖になる。

でも、エジプトで見たカラフルお菓子は、そんなアマイものじゃなかった。

真っ青、とか、真みどり、のケーキ。

食欲がなくなる~とか言ってられるレベルではなく、逆にすすんで試してみたい!!と思わせるぐらいの色合い。

味は意外と普通で、甘くておいしくって、

なぜ着色しているのか疑問。

「青」は、食欲をそぐ色って言いますよね?

見た目が華やかになって、もらったときにうれしいからかな?

日本にも、最近アメリカ流のカップケーキが進出してきて大変嬉しいですが、

「日本人の文化的には合わないよね・・」って声も聞きます。

で・も

富山には、アメリカと肩をはれるぐらいのカラフルかまぼこがあるということを
覚えておいてください・・(誰)

さてだいぶ話がそれましたが

その間に友達は、1つ目のクエを食べ終えて、マンゴースムージーに手を出した模様・・

まるこ「今日はこの後いっぱい食べるのにー!!」

友達「まるこが一人でぶつぶつ言ってるから悪い!若者の胃袋は底なし!以上!」

まるこ「
!!」

これ以上ビボシティにいると、友達が自分の胃袋の限界に挑戦し始めそうなので

とっとと退散。

次のホテルがある、オーチャードロードの方に向かいます。

シンガポールはMRT(地下鉄)もかなり発達していて、時間も正確で便利。

日本と同じ感覚で使えます!

yun_12072

photo by yunphoto.net

オーチャードロード周辺で降りると

友達&まるこ「おおおぉおおお・・・・・!」

思わず感嘆が漏れてしまうくらい、ビル、ビルビル!!


yun_8460

yun_8423

photo by yunphoto.net

初日からセントーサ島に行っていたので、まだシンガポールの都会度を味わえていなかったのですが

思った以上に高層ビルがいっぱい。

なんか街を行く人も颯爽としたキャリアマンばかりだし、リゾート地のセントーサとはだーいぶ違うかも。

友達「東京に戻ってきた感覚になるね・・」

とはいえ、ビルの合間には、昔ながらのつくりの建物もたくさん残っています。

青や緑、ピンク、黄色と華やかな色で彩られたプラナカン建築や、

白を貴重とした西洋風のコロニアル建築が有名です。

まるこはマレーシアに行った時に、初めてプラナカン&コロニアル建築を見たのですが

どちらも日本では見られない洋式で、いいな~と思ったのを覚えています。

プラナカンは、1つ1つ建物の色や模様が違ってすごく可愛らしいし、


84cf55ed1af0df4614287d00be19875d_s

photo by 
AC

コロニアルは、なぜか見るだけで昔にタイムスリップするような感覚があって、美しいんです。

raffuleshotel_yun

シンガポールのホテルといえば!な、ラッフルズホテル。

photo by yunphoto.net

日本の昔ながらの大きな建築物、法隆寺とか二条城に行ったときの感覚に似てるかも。

そこから前の時代の人がふっと出てきそうな、同じ空気を吸っているような感じ。

今回のホテルも、コロニアル建築の建物を改装してホテルにしたもので

歴史ある場所。

やっぱり、外観を眺めるだけでテンションがあがる!!

チェックインまで時間があったので、いったん荷物を預けて

シンガポール本島の旅に繰り出します!!

今日も最後までまるこの妄想にお付き合いいただき、ありがとうございます!

☆次へ続く☆

【妄想Trip】シンガポール3日目② プラナカン文化にどっぷり

▼旅行ブログ・ランキングに参加しています▼


にほんブログ村 旅行ブログへ


にほんブログ村

▼富山のかまぼこは、昆布入りも有名。赤と黒があって、どっちも美味しいです。

 

人気記事

1

2019年12月、格安LCC「タイライオンエア」で、東京・バンコク間を往復26,000円で旅してきました。 正直、ネットの口コミを読んで不安もありました。しかし、実際に乗ってみると良かったことも多かっ ...

2

この記事を書いた理由 5月末〜6月にかけて、9泊10日イタリアひとり旅に 行ってきました。 旅行、特に海外に行くときは 色んな人のブログを読んで、行きたい場所の確認や 気をつけること、持って行った方が ...

3

遊びで行くのは初めてのハワイ。 オアフ島では、効率よく人気スポットをまわりたい!と思い タビナカの「オアフ島周遊ツアー」に参加してきました。 Q.タビナカとは? 日本語ガイドで安心、海外ツアーの予約サ ...

4

2018年、ベトナムダナンにオープンしたホテル 「シェラトングランド・ダナンリゾート」の宿泊記です。 今回のダナン旅行のテーマ 2018年5月末に母と2人旅 ベトナム(ダナン)は初めて 観光しつつも、 ...

5

☆シンガポールの旅行記ブログはこちら☆ ついに 妄想じゃなくて ほんとに 来ちゃった!!! 【1日目】 早朝、チャンギ空港に到着           ...

-シンガポール

Copyright© まるこの妄想Trip、たまに本当 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.