台湾

360度フォトジェニック。台湾のウユニ塩湖「高美湿地」であべこべ絶景

更新日:

前回の台湾旅行記:台中のオアシス♪一軒家カフェ「無為草堂」で味わうゆったり時間

無為草堂でタクシーを呼んでもらい、走ること約40分・・

だいぶ西の方にやってきました。

地図で見るとココ

今回の台湾旅、最大の目的地・・
「高美湿地(gaomei wetland)」

大きな建物はほとんどない開けた場所なのですが、不思議な建物を見つけました。

なにやら神様がいっぱい。
寺院のようなものでしょうか?

もっとよく見たかったのですが、私たちには時間がありません。
なぜなら、高美湿地では絶対に見たい景色があったからです。

友人「まるこさん!急がないと間に合わなそう!」

長い長い道を、まっすぐに進んでいきます。

だんだんと陽が落ちて・・

太陽がどんどん動いて、今にも沈みそうです。

遠くに見える細長い風車と水平線に向かって、太陽が降りていきます。

太陽に向かって、桟橋を歩いていきます。

高美湿地に映った太陽も、とても神秘的・・

太陽が海に溶けそう。

そうなんです、絶対に見たかったもの
それは高美湿地の夕焼けでした。

皆さますでにお気づきでしょうか?

ここ高美湿地(gaomei wetland)は
「アジアのウユニ塩湖」「台湾ウユニ」と称されており
とっても美しい鏡張りを体験できる場所なのです。

私は本家、ボリビアの方のウユニ塩湖にはまだ行ったことがないのですが
高山病にかかる自信がありまして、なかなか行く機会がなさそうだなと思っていました。

でも、ここ高美湿地なら
台北からも片道2時間ほどの気軽さで
絶景を見られるとのことで、とても楽しみにしていました。

遠くに佇む風車も、なんとも風情があります。

ご覧の通り、夕焼けを目当てにたくさんの人がいますが

日本人や西洋人の方はほぼいませんでした。

台湾・中国・韓国の方がほとんど。

元々は、水鳥の観測場所として有名だったそうです。

桟橋は結構な長さがあり、歩いているうちに本格的な夕陽に変わっていきます。

私は写真に関して全く初心者で、この写真もぜんぶiphone撮影なのですが・・
こんな美しい写真が撮れてしまって良いのでしょうか。

興奮して撮りながらも、撮れていく写真にひたすらびっくりしていました。

桟橋の一番端っこまでくると、次は湿地の中に入ります。

みんなお行儀よく靴を脱いで並べています。

湿地に入ってしまうとなんてことないのですが、
橋から見ていると、中に入るのはちょっと勇気がいるのです。

なので、橋の一番先っぽにたまっている人たちがたくさんいるのですが・・

湿地の中から撮ると
「お見送りの皆さん」みたいな図になってしまいました笑。

友人「みんなが我々を応援してくれているみたいだね( *`ω´)💓」

せっかく高美湿地にきたんだから、もっといい感じな写真に挑戦したいなあと思い
定番の、足を撮ってみたんですね。

まるこ「・・・外反母趾で26.5cmの大足を持つ私は
フォトジェニックを諦めるよ」

代わりに、友人が自らの足を差し出してくれました。

なんとも絵になる感じ。羨ましい。

そうこうしているうちに、ついに太陽が沈みます。

高美湿地は広く開けていて見晴らしが良いので、
地平線(水平線?)に太陽が落ちていくのを見るのがとても素敵です。

江國香織さんの「落下する夕方」を思い出しました。

太陽が空から降りているのか、

湿地の中から昇っているのか。

鏡張りの高美湿地では、なんだか世界があべこべに見えてきます。

こんなふうに、逆さにするとどっちが上だかわからなくなります。

夕陽が沈み、あたりがどんどん凪いでいくのを感じます。

薄いピンクと湿地の青が溶け合って、綺麗。

人がいっぱいいてくれると、影がたくさん撮れて楽しいです。

面白いのは、刻一刻と変化していく、色。

この写真、帰ってから友人たちに見せると「加工でしょ〜?!」と言われるのですが・・

iphoneカメラではなくfoodieで撮っているので
色味の度合いはかなり強くなっていますが、
実際に目で見た景色の印象も、こんな感じの世界だったんですよ。

自分がどこを歩いていて、何を見ているのか、だんだんわからなくなる感じ。

人が作り出した観光地じゃなくって、広大な自然。

でも、片隅で人が建てた風車がちゃんと佇んでいて。

私たち人間も、簡単に湿地の中に入らせてもらえて。

そんな、自然と人の融合の中にいるのが
とても嬉しくて、厳かな気持ちになります。

ピンクからだんだんと、オレンジに染まる空。

夜の始まりに、風車沿いの灯りがともっていきます。

どこを撮っても、360度素晴らしい風景でした。

多分、高美湿地の姿は毎日違うんだと思う。
だって、私たちがいた短い1,2時間の間にも、こんなにも変わっていったんだもの。

わかりやすく変わるのは色だけれど、湿地がまとう匂いみたいなものが、変わる。

そこに立っている私たちは、感情が変わる。

「うわあ絶景だあああ」という激しい驚きというよりは、
時間の流れが切々と胸に迫ってくる、穏やかな感動。

前から写真やメディアの記事で見ていて、
きっと実際見ても素敵なんだろうな〜と軽い憧れはもっていましたが、
想像を超えて、とてもよかったです。

台湾ウユニと呼ぶこの湿地で、出てきた言葉が
「控えめに言って、かなり良かった」

しかも、こんなに素敵な場所なのに
まだまだ人も少なくて(他に比べたらいっぱいいるなーとは思ったけれど、
この素材に対してこれしかいないの?と思った)
そして知られていない、gaomei wetland、高美湿地。

たくさんの人に共有したい・・!というのと、
みんなに教えたくない・・という、相反する2つの気持ちですが

やっぱり、控えめに言ってかなり良かったから
紹介したくなってしまいました。

今回は、台北→台中まで新幹線、台中からタクシーという
完全個人手配でしたが
台北から台湾ウユニまで行くツアーもあるので、
現地でタクシー探したり、頑張ってコミュニケーションとったりするのはいや・・
という方はツアーもオススメです。

FullSizeRender

↑クリックすると、外部サイト(海外オプショナルツアー:タビナカ)に飛びます♪

英語も日本語も全く通じないけど!なんか楽しいからよし!
と思える方は、ぜひ個人で💓
(私は超楽しかった)

中国語と日本語でアプリを駆使しながら、新鮮なコミュニケーションを味わえます。
私は「お手洗い」が通じなくて、この後
台湾の方が持つアプリに向かって大きな声で何度も
「トイレ!」「お手洗い!」「バスルーム!」と叫ぶ羽目になりました・・☆

それでは、
今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

まるこ

今日ご紹介した台湾ウユニ塩湖のツアーは、日本語ガイドで安心!のタビナカです♩

【台湾の記事リスト】
1.台湾で猫とたわむれたい!猴硐(ホウトン)でリアル猫あつめ♪ 
2.定番スポット九份で見つけた、おしゃれ台湾茶ショップ「茶日子」
3.台北を飛び出して!台中いくなら高速新幹線でローカル気分♪ 
4.台中のオアシス♪一軒家カフェ「無為草堂」で味わうゆったり時間
5.360度フォトジェニック。台湾のウユニ塩湖「高美湿地」であべこべ絶景
6.「理想のサービスを追求する」想いに共感。台北の足つぼマッサージ:精気神養生会館
7.インスタで見つけた紫の世界♪淡水の春は「紫藤咖啡園」で 
8.台湾といえば☆マンゴーかき氷解禁日!「冰讃(ピンザン)」に並んでみた 
9.台中の「宮原眼科」は心ゆくまでお茶を探せる和みスポット
10.黒糖タピオカに小籠包、屋台のチキン。台湾で美味しかったものたち
11.台中旅行のおすすめ素敵スポット4選♩2度目の台湾に

【台湾女子旅!3泊4日の過ごし方記事リスト】
台湾女子旅3泊4日の過ごし方☆1日目は一人で台北ぶらり散歩
台湾3泊4日の過ごし方☆2日目は台中へ!高美湿地で鏡張りの夕焼け鑑賞
台湾女子旅3泊4日の過ごし方☆3日目は九份+猫村へお出かけ!
台湾女子旅3泊4日の過ごし方☆最終日も遠出!淡水+北投はどう楽しむ?

instagramでは国内外のお気に入りスポットを発信しています♪
Instagram @mousou_trip_jp 

follow me!!             

台湾女子旅といえば、ことりっぷ

人気記事

1

ホテルのインスタ投稿を見ていると、 思わず旅に出かけたくなってしまうような素敵なアカウントが多いですよね。 今回は、その中でも特にフォロワーが多い14アカウントを分析してみました。 日本にあるホテルア ...

2

この記事を書いた理由 5月末〜6月にかけて、9泊10日イタリアひとり旅に 行ってきました。 旅行、特に海外に行くときは 色んな人のブログを読んで、行きたい場所の確認や 気をつけること、持って行った方が ...

3

遊びで行くのは初めてのハワイ。 オアフ島では、効率よく人気スポットをまわりたい!と思い タビナカの「オアフ島周遊ツアー」に参加してきました。 Q.タビナカとは? 日本語ガイドで安心、海外ツアーの予約サ ...

4

2018年、ベトナムダナンにオープンしたホテル 「シェラトングランド・ダナンリゾート」の宿泊記です。 今回のダナン旅行のテーマ 2018年5月末に母と2人旅 ベトナム(ダナン)は初めて 観光しつつも、 ...

5

☆シンガポールの旅行記ブログはこちら☆ ついに 妄想じゃなくて ほんとに 来ちゃった!!! 【1日目】 早朝、チャンギ空港に到着           ...

-台湾

Copyright© まるこの妄想Trip、たまに本当 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.