東京

【東京都美術館】ウフィツィミュージアム【紅葉の上野公園】

更新日:

紅葉燃え盛る中、上野東京都美術館に行ってきました。http://www.tobikan.jp/exhibition/h26_uffizi.html
お目当てはこちら▼
ウフィツィ美術館展です♪

イタリアのフィレンツェの、有名美術館。
メディチ家という貴族一家のコレクションで、15~16世紀のルネサンス美術を
堪能できます。

一番有名な作家は、ボッティチェリでしょうか?
ph_hl_03

チケットにもなっているこの絵「パラスとケンタウロス」はとりわけ有名で、
左のケンタウロス⇒欲望の象徴
右のパラス⇒貞潔の象徴
女神(パラス)が野獣(ケンタウロス)を服従させており、理性で欲望を律する様を
描いていると言われています。
http://www.uffizi2014.com/highlight.html
この公式サイトには、
「女神がケンタウロスの粗暴を抑えてその獣欲を見張るという主題は、女性もしくは花嫁の貞潔に結びつくことから、本作はおそらく、ロレンツォとセミラミデ・アッピアーノの1482年の結婚との関わりから注文されたと考えられる。」(以上引用)

と記載がありますが、絵を見た私の印象としては
花嫁の貞潔というより、男性の浮気防止目的でつくられた、道徳的説教作品のように見えて仕方ありませんでした・・笑。

おそらくこれは現代の私の感覚で、15~16世紀は男性に愛人がいることは当たり前で、女性の操のほうが大切だったのかもしれません。

今回の展示は、この絵のように
道徳的意味を持ったり、宗教的(キリスト)な場面を表すものが殆どでした。

ボッティチェリも例外ではありませんが、印象的だったのは
途中で作風が変わったことです。

「パラスとケンタウロス」は、道徳的な意味を持ちつつも
女神(パラス)の顔は慈悲深く、優しい表情です。

ところが、15世紀末にメディチ家が政策の失敗でフィレンツェを追放され、
代わりにサヴォナローラという修道士が強い力を持ち、
今までの画風を強く批判したそうです。
(展覧会で見た情報によると、数々の彫刻や絵を見せしめに燃やしてしまったとか・・なんてもったいない!)

ボッティチェリはサヴォナローラに強く傾倒し、
その後の絵は優しさよりも激しさ、裸体ではなく衣服をまとった人々~
のように画風が変わりました。

「途中で画風が変わった」という情報を事前に得てから鑑賞していましたが、
もし情報がなくてもはっきり気付いたくらい、大きな差があります。

演劇だけでなく絵も、政治的・社会的要素をたっぷりと含んでいるんだなと気付いた瞬間です。
自分の心内を表す芸術ですが、外的要因にも大きく左右されるんですね。
ルネサンスの時期はパトロンによって、芸術家がお金を得て
作品を作っていける状況になっていたので、
政治や、その時力を持つ人にも影響を受けやすかったんでしょうか。

ボッティチェリ以外にも、1つの絵の中で3つのストーリーが繰り広げられている絵や
(解説がないと分かりませんでした)
キリスト降下(十字架磔の刑にあった後、信奉者たちによって降ろされる図。「降下」と「降架」両方とも表記を見かけます)の絵など、
興味深い絵ばかりです。

渋谷Bunkamuraや、国立新美術館の展覧会だと
デート目的や友達と一緒にイベント的なノリで観に来ている人も多い印象ですが、
昨日は純粋に絵を楽しみたい人が集まっている印象でした。

解説を真剣に読み、一枚一枚の絵をじっくり鑑賞している人が多く、
1人で来ている人もたくさんいました。
意外にも、若い男性(美大生ではなさそうな、スーツを着た人)の1人客も
ちらほら見かけました。

たくさん絵があると、じっくり見る部分となんとなく飛ばしてみてしまう部分に分かれたりしますが、
今回はどの絵もゆっくりと味わうことが出来ました。
題材は同じなのに、作者が違うだけで感じるものが違うのは
面白いし、絵画の魅力だと思います。
展示の仕方もこだわっており、赤を基調とした壁に
薄暗い照明で、非日常な雰囲気の中、観ることができます♪

今はネットで簡単に絵が見られますし、精巧なレプリカもお手頃な値段で手に入ります。
でも、実際の絵を目の当たりにすると、書き手が込めた思いや、月日がたつごとに増すであろうパワーを感じます。
これは生じゃないと伝わらないもので、どこでもすぐ情報が手に入る現代の私たちが、美術館に足を運ぶ理由だと思います。

12月14日(日)までですので、是非行ってみてください。

~上野公園 秋の紅葉セレクション~
デジカメが頑張りました編
2014-11-30-10-36-29
 



▼鯉の競売(?)やってました。
こんな袋に入れられて大丈夫なんでしょうか・・

奥に見える茶色い建物が、東京都美術館です。



▼夜も綺麗ですが・・あまりうまくとれませんでした。
 
▼さりげなく見える、スカイツリー
2014-11-30-10-43-15

☆おまけ☆
武蔵境の紅葉。
武蔵野プレイスを背に、桜並木があります。
この写真を撮った時はもう3割くらい散っていましたが、赤と黄色の
組み合わせがとても美しかったです。

まるこ。

人気記事

1

ホテルのインスタ投稿を見ていると、 思わず旅に出かけたくなってしまうような素敵なアカウントが多いですよね。 今回は、その中でも特にフォロワーが多い14アカウントを分析してみました。 日本にあるホテルア ...

2

この記事を書いた理由 5月末〜6月にかけて、9泊10日イタリアひとり旅に 行ってきました。 旅行、特に海外に行くときは 色んな人のブログを読んで、行きたい場所の確認や 気をつけること、持って行った方が ...

3

遊びで行くのは初めてのハワイ。 オアフ島では、効率よく人気スポットをまわりたい!と思い タビナカの「オアフ島周遊ツアー」に参加してきました。 Q.タビナカとは? 日本語ガイドで安心、海外ツアーの予約サ ...

4

2018年、ベトナムダナンにオープンしたホテル 「シェラトングランド・ダナンリゾート」の宿泊記です。 今回のダナン旅行のテーマ 2018年5月末に母と2人旅 ベトナム(ダナン)は初めて 観光しつつも、 ...

5

☆シンガポールの旅行記ブログはこちら☆ ついに 妄想じゃなくて ほんとに 来ちゃった!!! 【1日目】 早朝、チャンギ空港に到着           ...

-東京

Copyright© まるこの妄想Trip、たまに本当 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.